プロレス論「明確な曖昧さ・プロレスは人生である」ということについて考えた

メキシコの覆面、ルチャ・リブレ、マスク

ぼくの思考のベースにはプロレスがある

だいたいのものごとは、頭の中でプロレスに変換される。
その処理が上手くなされると、腑に落ちる。

ここのところ、自分のプロフィールを書いたり、
これまでの人生を振り返るセッションをする機会が何度かあった。

その度に、
ぼくにとってプロレスはスゴく大きな存在で、
大切な特別なものなんだなあ、
と改めて感じています。

小学校5年生の時にプロレスを知り、
衝撃と、不思議な魅力を感じ、
それ以来、
未だに惹かれ続け、自分の中核に居続けている。

プロレスとは何なのか?
プロレスの何がぼくをそうさせるのか?
なぜか?

そんなことを、改めて考えてみました。

プロレスは人生なんだよ

プロレスは人生なんです。笑
本当です。笑

まあ「プロレス」の部分を、他の何に置き換えたとしても、
そう言えちゃうとは思うんですけど、笑
でもやっぱり、今のところこうした表現が一番しっくりくる。

明確な曖昧さ

別の言い方をするならば、

明確な曖昧さ

プロレスって曖昧な存在なんです。

スポーツでもないし、ショーとも言い切れない。
格闘技に分類もできるし、芝居や芸術にカテゴライズしようとすればできる。

言い換えれば、社会の中で確固たる立ち位置がない。
いわゆるアウトキャスト。

だけど、プロレスが確固たる立場を持っちゃったら面白くないんです。
その曖昧さだとか危うさの中に、
自由度があったり、解釈の幅の可能性があるから。

人間も、人生も、まさにそうだと思って。

型にはまった人生なんて、
誰かが作った枠に当てはまる人生なんて、
面白くないでしょ?

この社会とは何なのか?
人生これでいいのだろうか?

常に問いかけ続けて生きている。
答えなんかないよ。

ぼくらが自由に解釈できる余地や、未来の可能性の土壌を、
曖昧さという形で、
プロレスはしっかりと持ち続けてくれているなあって感じるんです。

ありがとうプロレス。

勝敗はあまり重要ではない

プロレスにはもちろん、勝敗があります。
試合という形式の中で、誰かと誰かが闘って、アウトプットが勝敗ですね。

ただし、プロレスにおいて、
試合の勝敗っていうのはあまり重要ではありません。

役割はあるんです。

このタイミングでこの2人が闘うならば、
こっちが勝つ方が盛り上がるよな、とか。
これまでのストーリーを考えると、
こいつが負けることで、
この後の流れがさらにドラマチックに広がっていくよな、とか。

勝敗を軸に未来が描けるし、いろいろ語れる。

ただし、
勝ち=いい 負け=ダメ
では決してない、ということ。

自分やまわりの状況を総合的に判断して、
勝ち負けの意味や価値をいかに創造してアウトプットするかに、
レスラーの力量や個性がにじみ出る。

そして観客は自由にそれを解釈できる。

その関係性が面白い。

フィクションの中に見え隠れするドキュメンタリズム

プロレスは、
創作された世界と、生の現実が、
絶妙な塩梅でブレンドされているとも言えます。

試合やアングル(試合以外でのストーリ展開)の中に、
これは演出上のことなのか?
あるいは、本当の生の感情なのか?
という、
見ちゃいけないんじゃないか?というような瞬間が、
垣間見えることがあるんです。

その揺れ動く理性や感情を、
どうコントロールして、配合して、
最終的に作品として提示できるかが、レスラーの力量でもあるとも言えます。

また、
それをどう解釈し、価値を見いだし、楽しむか。
観る側も試される。

誰が一番強いのか論争

勝敗とか強さはどうでもいい、とか言いながら、
プロレスラーの中で誰が一番強いのか?
という妄想で遊べてしまうのが、
プロレスのまたスゴいところで。

強さという幻想もしっかりと持ち続けているのです。

ちなみに余談ですが、ぼくの中の最強は、

ジャンボ鶴田

です。

ぼくは根っからの新日系
(新日本プロレスか全日本プロレスのどちらを支持するかという、プロレスにおける大きなテーマ)
なので、
この結論は自分でも以外なのですが。

なので、好きなレスラーということではありません。
あ、鶴田好きですけどね。

ぼくの中にある、強さに求めるものとして、
強そうに見えない
というのがあるんです。

そういうのも含めて、
鶴田最強だなあって思うんです。

ご興味があれば、
「鶴田 バックドロップ」
とYouTubeで検索してみてください。

彼のバックドロップは、
理屈では語れない美しさがある。
と同時に、精密な機能性も合わせ持っている。

鶴田論はまたいずれゆっくりと。笑

プロレスはスポーツかショーか

この問いに関して、
いまならぼくはこう言います。

プロレスというのは、
スポーツかショーかという既存の枠を包括するようなレイヤー、
あるいは抽象階層に位置しているんだ、と。

プロレスは、
スポーツやショー、武術や芸術、哲学や科学など、
さまざまな、
一見対極にあるような分野に、いろいろと属すことができるなあと、
常々感じていました。

だからこそ、中途半端な、あいまいなジャンルだと言われ続けていたし、
そこに負い目も感じていた。

なんでこんなもの好きになっちゃったんだ。

でもこれ、視点を変えたらすごく腑に落ちたんです。
プロレスがそれらのいろいろな領域に属してたんじゃなくて、
プロレスがそれらを内包していたんだと。

人間と言う視点で見てみましょう。

いろんな人がいます。
強い人、弱い人、優しい人、怒りっぽい人、真面目、よくしゃべる、寡黙、など。
職業や社会的立場などもいろいろです。
サラリーマン、軍人、柔道家、警察官、教師、金持ち、職人、などなど。

人としてこうでなければならない。
男ならこうあらねばならない。
大人ならこうあるべき。

ホント?

ひとつ抽象度を上げると、
上記の特徴や違いは、すべて「人間」です。

やはり、プロレスは人生だ

人はみな、
この世に生まれ落ちた時に、
環境や役割、関係性や身体性が与えられる。

家族、兄弟、性別、生まれた場所、環境。
それらは選べない。

そうした前提条件の中で、
自分の足で立ち、
自分の行きたい方向を見つけ、
歩き、走り、時に転び、
自己実現をしていくのが人生だ。

与えられた条件を、
どう受け止めるのか?
どう解釈するのか?
それをどう駆使し、
自分らしい世界をどう描いていくのか?

プロレスは人生である

ぼくのこの解釈に迷いはない。

以上、
プロレス論「明確な曖昧さ。プロレスは人生である」ということについて考えた
というお話でした。

ご清聴ありがとうございました。

ではまた〜。

ケン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする